2014年3月3日月曜日

ふぐ@日高町の大阪屋

日高町にはあまり目立たないが
食べさせてくれる店が結構ある。

最近特にそういう紹介をしてくれるブログがあるのに気がついて
よく拝見している。
そのお世話になっているのが ここ とか ここ です。

その中で気になっていたところに今晩、奈良から家内を呼んで行ってみた。

アパートから徒歩10分ほどのところにある大阪屋。
なんとここではふぐのコースが1人前5,500円で食べさせてくれる、というのだ。

ちょっと大阪では考えられないような気がする。
ふぐのコースといえば1万円は下らないと思うけど。

ということで早速紹介。

まずてっさ二人分。
真ん中にあるのが湯引きと皮。
てっさはごっそり箸で「すくって」ポン酢に入れて
食べるのが最高です。
ここが刺し身とは違うところ。
これくらい量がないとできません。



続いて、茶碗蒸し。
真ん中に乗っているのが白子。

茶碗蒸しの本体?はもちろんですが
白子もとても柔らかい。
歯ごたえはないけど、歯ごたえを感じてしまう。

続いてどんどん出てくる。
ふぐの唐揚げ。
骨というか殻というか
なんちゅうんでしょうね、
薄い骨格のようなものと一緒に
揚げています。
といってもそんなにゴツくないので
頑張って食べてしまいました。

それまでは「まずビール」でしたが
やっぱりこういうところに来たら
ひれ酒。
これも大変久しぶり。
日本酒自体も久しぶり。
炙ったヒレの香ばしさが
なんとも言えません。
ビールのようにごくごく飲みたくなってしまいます。
#もったいないから、チビチビですけど。

さて、メインのようなてっちり。
ふぐの鍋ですけど、白身魚のふぐは
鍋にはぴったり。
食べていると
店の2代目?が「おもち」を持ってきてくれた。

なんでも、しゃぶしゃぶにするらしい。
ええ!お餅のしゃぶしゃぶ?
こんなん初めてやわあ。
とりあえず、つまんで鍋にさらして
食べてみた。
意外と溶けない、と油断すると一気に
溶けてくる。
結構難しいけど、美味しかった。

さて、てっちりにうどんがついていたので
これが締めと思っていたら
「雑炊します」と鍋を引き上げ暫くして
やってきました。
すでにお腹が膨れていたけど
ごはんは別腹?というくらい食べられた。
海苔も入れるけど
海苔の味が勝ってしまうので
初めは海苔なしで食べて、それから海苔を入れるのがいいと思う。

もう、シーズンは終わりかけているけど
次の冬もまた食べてみたいです。

2 件のコメント:

自然人の独り言 さんのコメント...

リンクありがとうございます。
家族の方にも気に入っていただけたみたいで良かったです。

もりやす さんのコメント...

自然人の独り言さん

いえいえ、いつもお世話になっていて
知らないことを教えていただいており
大変助かっています。

江原駅前の商店街にも
また行きたいです。